読売KODOMO新聞創刊

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

読売KODOMO新聞2011年3月、読売新聞社から「読売KODOMO新聞」が創刊されました。写真や、豊富な図解、イラストをふんだんに使い「おもしろくて、ためになる」紙面作りを心がけており、ご家族みなさんで楽しめる新聞となっております。2011年4月から実施される小学校の新学習指導要領では、国語の授業での「新聞の活用」が明記されています。是非この機会に如何でしょうか。

読売新聞社は3月3日、「読売KODOMO新聞」を創刊した。子どもの頃から新聞に親しむ習慣をつけてもらうのが狙いで、新聞の活用を盛り込んだ新学習指導要領が、4月に全面実施されるのに合わせてスタートさせた。

小学生とその保護者が対象で、毎週木曜日に発行する。全面カラーのタブロイド判16ページで、月額500円(税込み)。

大きな写真を中心に1週間の注目ニュースを紹介するフロントページをはじめ、写真やイラストを多用し、ニュースをわかりやすく説明する。時事ワードを名探偵コナンが解説するコーナーもある。

小学生向けの雑誌作りに定評がある小学館の特別協力を得て、5ページ分の編集を委託。大きな写真や図を使って、科学や環境、歴史、文化などのテーマを掘り下げる特集記事を組むほか、小学生を主人公にしたまんが2作品を隔週交互に掲載し、歴史などを楽しく学ぶこともできる。

また、東京の大手進学塾・四谷大塚の協力で学習意欲を高められるページ、東京外国語大学専任講師が監修し、5、6年生で必修となる小学校英語の学習に役立つページもある。

家庭での学習や中学進学の準備にはもちろん、授業の教材としても活用できる内容になっている。